企業

革新への情熱

Stäubliは多くの産業部門において、より生産性を向上させるためのサービスを提供しており、コネクター、産業用ロボットおよび繊維機械の3つの事業におけるメカトロニクス・ソリューション・プロバイダーです。従業員は4500名以上、年間売上高は11億スイスフランに達しました。1892年にチューリッヒ近郊のホルゲンで小さな工場として発足したStäubliは、今日ではスイス、ファフィコンに本社を構え、世界各国のあらゆる産業部門で革新的なソリューションを提供する、インターナショナル・グループに発展いたしました。


活動

すべての産業分野で活躍するインターナショナルグループ


ストーリー

1892年より、品質は Stäubliのミッションであり原動力です

1892年より、Stäubliグループは技術的にも地理的にも拡大して参りました。早く1909年には、Stäubliはフランスに最初の製造工場を設立し、欧州諸国、アメリカ、日本、中国、そして韓国と、さらなる展開を行ってきました。技術パイオニア、また、製織産業で信頼性のあるパートナーとしてスタートし、Stäubliはその専門知識をコネクション・ソリューションへと広げていきました。当初は空気圧と油圧のクイックカップリング、後に、電力とデータ転送に取り組みました。産業用ロボットのパイオニアとして名高いUnimation社を買収したことにより、Stäubliは、最先端で革新的な産業部門で、よりダイナミックに歩み続けました。包括的な伝統技術と専門知識に基づき、世界各地のお客様と提携し、これらのアプリケーションに最も効果的なソリューションを提供していきます。

  • 1892

    Schelling Stäubli企業の創立者 スイス、チューリッヒ ホルゲンにて

  • 1896

    Stäubli Horgen 今日ホルゲンのStäubli AG がある場所へ新しい製造施設を移転。

  • 1900

    機械工学 製織業界向けにドビーの開発。

  • 1909

    フランスへの拡大 フランス、ファベルジュに製造工場設立。共同創始者Rudolph Schellingの死去に伴い、社名を《Stäubli Bros.》に変更。シリンダーによる読取カード式積極ドビーを開発。

  • 1922

    30年の経験 ナイフの上昇をカムが操作する初のドビーを製造。

  • 1937

    競争をリード ボーダー柄製織用に、ダブルシリンダの読取りカード式のドビー機を開発。また、ロゴ入れやネームラベル用の小型ジャカード機を開発。

  • 1946

    製織革新 正確にピックリピートを行なう消極ドビーを開発。

  • 1955

    初の積極ドビー機 バックラッシュのない正確な積極動作。

  • 1956

    コネクタ 油圧及び空圧式のクイックカップリング製造による事業多角化。

  • 1966

    安全なプッシュボタン 安全なプッシュ・ボタン付きのストーブリ・クイック・リリース・カップリングを世界に発表。

  • 1969

    バイロイト 1954年にドイツ・バイロイトで設立されたドビー工場Erich Trumpeltを買収。社名をStäubli Trumpeltに変更。

  • 1972

    マルチコネクション マルチ・カップリング・システムを開発。

  • 1982

    ノンスピル・カップリング 油圧回路のストーブリ・ノンスピル・カップリングの販売開始。オートメーション及び産業用ロボットへの事業多角化。アメリカ、コネティカット州ダンベリーにある多関節アームロボットの有名メーカーUnimation社と提携。スカラロボットの開発と製造を行なう。

  • 1983

    ジャカード製織 1883年、フランスのリヨンに設立されたVerdol SA社からジャカード機製造部門を買収、新会社Stäubli-Verdol SARLをフランス、リヨン郊外のシャッシューに設立。

  • 1987

    ジャカード電子コントローラー 初の電子制御ジャカード機CX860を発表。

  • 1989

    産業用ロボット 提携していた 米国Unimation社を1989年に買収。イギリスTelfordにて多関節アームロボットPUMAの製造。

  • 1994

    製織準備 スイス、サルガンスにあるZellweger Weaving Systems社とその製造工場を買収。

  • 1997

    中国 中国、杭州に組立工場を設立。

  • 1998

    カーペット製織 1852年創業のドイツカーペット織機メーカーSchönherr社を買収。

  • 2002

    電気コネクタ スイスのバーゼルにて1962年創業の電気コネクタ・システムメーカー、Multi-Contact社を買収。

  • 2003

    産業資材布 UNIVALテクノロジーを発表。

  • 2004

    4軸スカラロボット Bosch Rexroth社のロボット事業部を買収.

  • 2007

    電子コントローラードライバー イタリアのエンジニアリング会社Deimo S.p.a を買収。

  • 2009

    太陽光発電 ドイツ、エッセンに太陽光発電の新たな研究開発、製造施設を設立、またロシアにコネクタ部門のビジネス拠点を設置。

  • 2010

    米国への拡大 アメリカのサウスカロライナ州ダンカンの施設拡大。

  • 2011

    米国電気コネクタ部門 アメリカのMulti-Contact 社がカリフォルニア州ウィンザーに移転。

  • 2012

    インドの新営業所 ムンバイに新社屋を設立し、インド市場の拡大を図る。

  • 2013

    中国 中国の杭州市に、より大規模な製造施設を設立。

  • 2014

    靴下製造 Deimoコントローラーによる完全自動靴下製造用のつま先閉じ機D4S。       

  • 2015

    電気コネクタ 新たに"電気コネクタ部門"を設立。バンガロールにコネクタおよび産業用ロボットの営業所を開設。コーポレートブランドであるSchönherrとDEIMOをストーブリ社としてブランド再編。

  • 2016

    トルコ Stäubliイスタンブール新ビルへ移転。タイ支店の開設。

  • 2017

    リブランディング ストーブリ・電気コネクタ(ECS)として、子会社Multi-Contactの改称。ベトナムに営業所開設。

問い合わせ先