ITMA 2019 織布準備

高い生産効率で高品質を実現

流行は常に移ろうため、繊維工場は季節ごとに異なるデザインを、また、その年々のコレクションを提供しなければなりません。このように織物の流行は短周期で変化するため、製織業者は迅速な機替ええとタテ糸交換の効率改善を図らなければなりません。

革新的な自動化ソリューションメーカーとしてストーブリは、織機の待機時間を短縮し、かつ品質を高いレベルで維持し、タテ糸を無駄なく利用し、最高品質の織物生産量を増やし、生産性を格段に向上させる織布準備機および周辺支援装備を提供しております。

ストーブリは、ストーブリのSAFIR自動引込機製品ラインに関連して開発され、絶えず拡大されている独自のアクティブワープコントロール(AWC)テクノロジーを発表しています。

Drawing-in with SAFIR systems featuring Stäubli AWC (Active Warp Control)
糸繰返し管理システム AWC

タテ糸準備で高品質と高い信頼性を実現するために、自 動ドローイングにおけるタテ糸の識別・処理を100%制 御することが、「アクティブワープコントロール」(AWC)の 目的です。AWCシステムは、全てのSAFIRで様々な構成で、 また目的用途に応じて使用されます。

Automatic drawing in machine SAFIR S60
を搭載したSAFIR S60オ

綿やファインウール素材の タテ糸準備のための汎用マシン。S60は高品質なブラウスやシャ ツ、マルチカラーのアウターウェアファブリックなど、複雑 なドローイングパターンを持つタテ糸のドローイングに 理想的です。2つの糸レイヤーがあるタテ糸もドローイン グすることが可能です。

TIEPRO経継ぎ機
タイイング マシン TIEPRO

新しいTIEPROたて糸結束機は、あらゆる製織工場で標準のたて糸と一緒に使用できるように設計されています。それはそれを特に経済的にする針を分離しない新しいタイプの糸分離システムを特徴とします。