ITMA Asia 2018 ニッティングソリューションズ

DEIMO ニッティングソリューションにより ニット業者の費用対効果を向上

ニット業界の基本的課題は、価格競争、高品質製品の需要、そしてトレンドへの迅速な対応です。ストーブリ製D4Sつま先縫製装置は、ニット業者の期待に応えます。D4Sによるつま先自動縫製工程は非常に効率的であり、また編機の停台時間や糸の無駄も低減します。

ストーブリは電子コントローラ2900SL、ニッティングパターンのプログラミングシステムStyler、ニッティング工程のモニタリングとデータ記録を行うDDataのフルソリューションを提供しております。

独立型つま先縫製装置

ストーブリ製D4Sつま先縫製装置(特許申請中)は、3 ½ ~ 4 ½インチ、8~19ゲージの装置は靴下編機に直接搭載します。つま先縫製の処理中も、靴下編機は次の靴下を生産することが可能です。

機能性と履き心地の両方を実現

オペレータによる操作は不要なため、D4Sによるつま先自動縫製工程は非常に効率的であり、また編機の停台時間や糸の無駄も低減します。正確で高品質な自動つま先縫製機ならば消費者に機能性と履き心地を提供いたします。

靴下ニッティングのための完成度の高いソリューション

丸編み機用ストーブリ製コントローラ2900SLは、直径が中~大サイズの靴下、タイツや下着、シームレスの衣類の生産にお使いいただけます。カスタマイズ、設定、プログラミングが簡単であるため、マーケットニーズに素早く対応し、競争力の高い最終商品の継続的な生産が実現できます。