ITMA Asia 2018 展示会情報

ITMA Asia+CITME2018ストーブリ繊維機械のハイライト

アジア開催の最大規模の繊維機械見本市であるITMA Asia+CITMEが、170,000m2以上の広さを誇る会場に100,000人以上の来場者をお迎えして開催されます。

ストーブリの革新の数々を2つのブースでご紹介します。3号館E01ブースでは製織業者がマーケットニーズを先取りできる製織ソリューションをご紹介します。DEIMOニッティングソリューションは4.1.号館D14ブースでご紹介いたします。

製織ブースでご覧いただけるストーブリイノベーションのハイライトは:

  • 新たなコンセプトでお届けする完成度の高いリードインマシンBEAMPROは先染め糸をサイジングマシン上で整列させることができます。
  • ドローイングマシンSAFIR S30が、15デニールの糸12,800本のビームの経通しを実演いたします。
  • マーケットニーズに応えるウォータージェットやレピア織機用の高速電子ドビー機複数台を展示いたします。その一例は:既に実績に定評のあるS3000シリーズドビーとジャカードマシンUNIVALETTEのコンビネーション。また、新型ハーネスモーションde82を装備したS2678。 
  • ストーブリジャカードマシンLX/LXL/LXXLは高品質な広幅織物に高い柔軟性を提供します。ストーブリブースでは完成度の高いジャカード搭載織機2台の実演展示を行います:10,240口、ハーネス19,584本のLXLが衣料用テキスタイルを、4,096口のLXが高密度タオル地の製織を実演します。
  • またカーペット織機ALPHA500やテクニカルウィービングシステムTFによる織物サンプルを数多くご覧いただけます。

 

ニッティングブースでは、素早いマーケットニーズの変化に対応できる靴下編みソリューション、DEIMOニッティングソリューションについて詳しくご紹介いたします。