6月20~26日、スペイン/バルセロナ

ITMA Europe にストーブリ出展

Itma Barcelone logo
ストーブリの自動ドローイングマシンシリーズSAFIRは正確なカラーリピートとS/Z方向のシーケンスで完成度の高いタテ糸準備を行います。
自動ドローイングマシンSAFIR S60
ストーブリの大口ジャカードマシンLXXLはインテリアから服飾用、さらにはOPW製エアバッグ用などの重布や高密度織物製織用に設計されたマシンです。
ジャカードマシンLXXL
ストーブリの靴下つま先綴じ装置D4Sを導入すれば、靴下製造業者の生産効率は劇的に向上します。
靴下つま先綴じ装置D4S

ストーブリは繊維機械の世界最大を誇る見本市であるITMAで、最新かつ高性能な織布およびニッティングのソリューションを披露いたしますITMA Europeは4年ごとに開催されます。今年はふたつのブースでストーブリ製品の実演展示がご覧いただけます。

4号館のブースC201では、完成度の高いタテ糸準備用のドローイングマシンSAFIRなど、織布工程の最適化を実現する高速マシンやシステムをご覧いただきます。ここでは、あらゆる高品質織物の高効率生産のためのストーブリのカム機およびドビーの製品シリーズも取り揃えております。

ストーブリの開口ソリューションの展示の中には、耳ネームや細幅織物用のジャカードマシンや、様々な用途向けのLX/LXL/LXXL 大口ジャカードマシンのフルラインアップもご覧いただけます。

カーペット製織にご関心のある方にはカーペット織機ALPHA500で生産した様々なラグや、様々なバインディング技術やデザイン効果をご覧いただけます。

靴下生産のマーケットで秀逸さを探し求めている企業の方は、是非8.1号館B212ブースまでストーブリのニッティングのスペシャリストをお訪ねください。実演展示されている2台の靴下丸編み機にはストーブリ製D4S自動つま先綴じ装置。が搭載されており、生産時間短縮を実証いたします。

ITMA2019は世界中のテキスタイル企業にとっては、日常の生産活動をサポートする革新的で最先端のテクノロジーを発見できる絶好の機会です。

ストーブリチームは現地で皆様にお会いできるのを楽しみにしております。