New TX2 range

TX2レンジは更なるものを提供します

可搬質量が中程度の3つの新しいストーブリ6軸ロボットがデビューします。TX2-140TX2-160、およびTX2-160Lは、現在のTX2世代に加え、合計で9つのモデルになります。それらの堅固な構造とスマートな設計により、過酷なものから無菌的なものまで、さまざまな周囲条件でのアプリケーションに理想的な選択肢となります。それらは最高レベルの安全性と接続性をもたらします。

TX2-140のリーチは1510 mm、TX2-160のリーチは1710mmです。 どちらも最大耐荷重は40kgです。

TX2-160のロングアームバージョンであるTX2-160Lは、最大耐荷重25kgで2010 mmの優れたリーチを備えています。

ストーブリは、3台すべての機械の繰返し精度を±0.05mmで指定しています。これにより、ロボットは世界市場で最も正確なものになります。 それらの例示的な動的値(一例として軸5での最大速度1500°/ s)と組み合わせて考えると、これは最短のサイクル時間を達成できることを意味します。さらに、ストーブリ独自のドライブテクノロジーを使用することで、RX160の先行モデルと比較して、リストの剛性が大幅に向上しました。

 

クリーンでスリムな6軸ロボット

新しいマシンのもう1つの顕著な特徴は、クリーンルームに適応するために合理化されたコンパクトなデザインです。 それらは大きくて効率的な作業範囲を特徴としています。 すべてのメディアおよび供給ラインは、保護クラスIP 65規格(オプションでIP 67過圧ユニットを使用)に完全に密閉されたハウジング内部で行われます。

HE(湿度環境)、ESD(静電放電)、クリーンルーム、およびステリクリーン・バリアントなど、敏感な生産環境で使用するためのTX2シリーズでおなじみの特別バージョンが、これらのアプリケーションで徐々に利用できるようになっています。

 

先駆的な安全機能を備えた均一制御技術

現在、すべての6軸ロボットは同じ制御テクノロジーで動作するため、デジタルネットワーク化された実稼働環境でのマルチロボットソリューションの適用が容易になります。

 軽量でコンパクトなCS9コントローラーと高度な安全機能により、TX2シリーズは、特に中程度の可搬質量範囲で、生産性を損なうことなく、人間とロボットのコラボレーションに新しい章を開きました。

TX2シリーズの新しいファミリメンバーには、個々の軸にデジタル安全エンコーダと統合された安全PCBもあります。

すべての安全機能は認定されており、SIL3 / PLe安全カテゴリの厳しい要件を満たしています。 これにより、オペレーターとプロセス機器を完全に保護できます。広範な安全機能、インダストリー4.0互換性(OPC-UAサーバーを含む)、機械的品質、および新しいロボットの平均以上のメンテナンス間隔により、従来の環境またはデジタルネットワーク環境での生産性が保証されます。