産業資材布製織システム:
産業資材布のための高性能、高精度

新しいストーブリ産業資材布製織システムシリーズの特徴はモジュラー設計にあり、どんな要望にも応じられる個別設定が可能です。サーボ制御による開口形成やパラレルリード動作などの最新テクノロジーの組み合わせにより、製織業者はどんな革新的な織物も製織できる限りない自由を享受できます。いくつかの事例をご紹介します

産業資材布織布システムの利点:

  • タテ糸供給や開口形成、ヨコ入れ方式や織物の取り出しに応じてシステムコンポーネントを自由に選択できます
  • 自由設計
  • デリケートな糸の取り扱い
  • 信頼度が高く製品寿命の長いストーブリのシステムコンポーネント
  • 高い技術力を有するワールドワイドなサービスネットワーク・サポート

強化ファブリック用途事例

タテ糸供給:ボビンクリルおよび/またはビーム
開口形成:ジャカードおよび/またはドビー
ヨコ糸セレクター:マルチウェフトセレクタ2+2から6+6まで
ヨコ入れ:シングルまたはダブルフレキシブルレピア
織幅:標準1.8m/またはカスタマイズ可能
制御:織布システムに内蔵されたタッチスクリーン式コントローラ

産業用重布用途の事例

タテ糸供給:ビーム
開口形成:ドビー(またはジャカード)
ヨコ糸セレクタ:マルチウェフトセレクタ2+2から6+6まで
よこ入れ:シングルまたはダブルフレキシブルレピア
織幅:2.5 – 10mまたはそれ以上
制御:製織システムに統合された、タッチスクリーン式コントローラ

TF織布システムについての詳しい情報は、こちらにお問い合わせください